不動産を購入することで相続税を節約する!

不動産購入による節税

相続税の申告義務が発生するのは基本的に基礎控除額を超過する場合です。基礎控除額の最低額は法定相続人が1人の場合で3600万円となります。法定相続人の人数に600万円をかけた額に3000万円を足して算出した額が基礎控除額です。法定相続人の人数が増えるほど基礎控除額も高額になります。相続税法では不動産の評価額が市場における取引価格より低くなるように考慮されています。そのため生前に相続財産を現金から不動産に変えておくことで、課税評価額を低く抑え節税の効果を期待することができます。

小規模宅地の特例とは

小規模宅地の特例とは居住用または事業用の宅地の相続税を計算するための評価額が最大80%減額される制度です。自ら居住していた宅地では面積が330平方メートル以下の部分について評価額が80%割り引かれます。他人に賃貸していた宅地では200平方メートルまでが50%の割り引き対象です。さらに事業用の宅地の場合には400平方メートルまでが80%減額されます。

贈与税の配偶者控除を相続税対策に利用する

婚姻期間が20年以上の夫婦間で、居住用の不動産か居住用不動産の購入資金の贈与があった場合には贈与税が控除されます。贈与税には基礎控除があり、毎年110万円以下の贈与であれば非課税でした。そのため生前のうちから相続人となるべき者に毎年基礎控除の範囲内で贈与をすれば、相続税を節税する効果があります。夫婦間の居住用不動産に関する贈与では、基礎控除の110万円の他に最大で2000万円まで配偶者控除を受けることが可能です。

相続税対策を行うなら税理士の元に相談しに行くのがベストです。相続税については問題が起きる前に早めに対策を立てておくべきです。