マンション経営の管理業務は委託する事もできる

自分で管理業務を行うのは大変

マンション経営をする時は管理業務をオーナーが行う必要があります。入居者の募集者や入居と退去時の手続きだけでなく、入居者からの問い合わせにも対応する必要があります。場合によっては入居者同士のトラブルにも対応しないといけない事もあるので、管理業務は簡単ではありません。特に兼業でマンション経営を行う人は時間的にも余裕がありません。管理業務を自ら行えない場合は管理会社に管理業務を委託する事も可能なので、利用を検討すると良いです。

管理会社は比較して選ぶべき

管理業務の委託契約には一般管理契約とサブリース契約があります。一般管理契約はサブリース契約と比べると入居率を高い状態に保てればオーナーの利益率は大きくなりやすいです。しかし空室が増えた時のリスクはあるので、注意が必要です。サブリース契約は管理会社が物件を借り上げる形の契約でオーナーには管理会社から一定の賃料が支払われます。賃料は契約時から次の賃料の見直し期間までは同じ額が保証されるので、一般管理契約と違って空室によるリスクがありません。その代わり満室状態の時にオーナーに入る利益は一般管理契約と比べると少なくなる傾向にあります。両方にそれぞれメリットとデメリットがあるので、管理会社に相談しながら選択するべきです。同じ一般管理契約でもサブリース契約でも管理会社によって条件が少しずつ変わるので、特定の管理会社だけに相談するのではなく複数の管理会社に相談して比較して業者を選ぶと良いです。

株式会社トラストインベストメントとは不動産業の会社で、企画・開発からコンサルティング、売買、管理までの業務を行っており、若手社員の成長についても支援している会社です。