一般人が手を出してはならない玄人好みの賃貸契約!?リスク管理が必要です

定期借家契約は法律の専門家向き

賃貸先を探している際には、不動産屋を回っていると、定期借家契約を時々見かけることがあります。一般的な普通借家契約とは異なり、入居者の権利を極めて狭くする方式ですから、余程のことが無い限り手を出すことは躊躇われます。大家側に圧倒的に有利と分かった上で契約するためには、法律の専門知識が必要となるでしょう。定期借家契約が生まれる原因は複数ありますが、分譲賃貸マンションについては転勤している期間だけ借りたいという理由から行われるようになりました。入居者と再契約しなければ、転勤から戻る時に再度自宅に住めるメリットがあるからです。しかし、分譲賃貸マンションでは無いにも関わらず、定期借家契約となっている場合にはいわく付きと考えられても仕方ありません。良く調べてから契約しましょう。

サブリースはマンスリーマンションとの天秤

玄人好みの契約方法として、サブリース物件があります。大家から不動産屋が一括借上げを行った部屋を、入居者に又貸しする制度です。大家は手数料を引かれた家賃の85%程度の金額を空室があっても受け取れるメリットがありますが、入居者にとっては綺麗なリフォームをされた部屋に常に住める点が好評です。しかし、入居者同士でトラブルが発生した際には、又貸し契約のために借地借家法の権利を行使できないため、不動産屋に双方追い出されてしまう可能性が高いです。保証会社を契約させる特徴があることから、追い出し行為が社会問題化しています。マンスリーマンションでは少し割高に感じる時に、一時的に住む場所として利用する程度に適しています。

札幌市中央区の賃貸は学生街が近いということもあり、室内はとても広々としています。セキュリティ面も安心なので住み心地が良いです。