優良不動産屋を選ぶことが難しい!?ダメな不動産屋の見分け方

不動産屋の収入源は仲介手数料です

全国チェーンの不動産屋は駅前に多く、複数の不動産屋を回って部屋を探す時に便利です。店内に入ると最初に受付票の記入を求められることが一般的です。中でも借りたい部屋の家賃上限額を記入する項目については、注意深く記入する必要があります。自分では支払い可能な家賃上限額を記入したつもりであっても、不動産屋から勧められる物件は家賃上限額を挟んで前後した家賃の部屋が案内されることが多いです。不動産屋の収入源は、借主と貸主双方から家賃の半月分までの仲介手数料ですが、勝手に特約を結ばされて借主が家賃の1ヶ月分を負担させられることが通例となっています。家賃が高い部屋を勧めて成約すれば、そのまま不動産屋の利益となることが原因で、残念な不動産屋は家賃上限額を上回る部屋を平気で案内してくるわけです。

良心的な不動産屋には特徴があります

良心的な不動産屋を一度でも利用したことがある人ならば、次も同じ不動産屋を利用することが多いです。無理な案内は行わず、大家との信頼関係が築かれている不動産屋を利用すれば、安心して部屋を探せます。優良物件を探すには、良心的な不動産屋探しから始めなければならないことがあまり知られていません。希望家賃上限額以上の金額の部屋を案内する時に、参考までと断りを入れるか、自社管理物件と他社物件を分けて案内してもらえる不動産屋ならば、良心的と言えるでしょう。大家との厚い信頼関係がある証拠として、専任媒介契約がされた部屋を見せてもらえるか確認してみると良いでしょう。丁寧な仕事をしていない不動産屋は、手間がかかる専任媒介契約を大家と結んでいないので、案内出来ないためです。

江別市の賃貸を選ぶには、周辺の環境の良さや通勤通学の利便性の高さに目を向けることがとてもおすすめです。