注文住宅で後悔しない!考えるべきことや注意点

自問自答を繰り返す!

注文住宅は、自分の思い通りに家を作ることができるので人気が高まっていますが、とにかく後悔しない家作りをしたいものです。後悔しない為には、思いついた案を注文する前に自問自答することです。本当に必要なのか、10年後20年後も納得できるのかしっかりと考える必要があります。一過性のブームや思い付きで注文してしまうと、高確率で後に後悔することになります。なのでブームに捉われない、本当に自分が望む姿を追及する必要があります。

せっかくなので老後も考える

家を購入すれば、基本的に老後も暮らすことになります。人間は老いると少しの段差でも移動が大変になるので、若い時からしっかりと意識しないといけません。若い頃は良くても老後に暮らしにくいとしたら、リフォームをする必要が出てきて出費することになります。リフォームと言っても何十万とお金がかかるので、それならば最初から老後の暮らしを考えて作った方が有益です。目先のことだけを考えず、老後の快適な暮らしも頭に入れておきたいです。

奇想天外な注文は通らない

注文住宅は自分の思い通りに作れるとは言っても、限度があるのは確かです。常識を逸脱した形や構造であれば断られることもあります。また、家の安全性が失われてしまうような提案も却下されてしまいます。つまり、全ての要望が思い通りになるのではなく、可能な要望だけが実現するという認識が必要です。事前に自分で勉強したり、知り合いや一級建築士に相談して構想の可否をある程度確かめておくことも大事です。

東京都の足立区の注文住宅は比較的リーズナブルで購入できるものが多く、若い世代を中心に人気が高まっています。