初期費用にはどんなものがある?節約方法もご紹介

必要になる費用をチェック

初期費用は様々でまず敷金や礼金が挙げられます。敷金は退去する時に戻ってくる可能性があるお金ですが、礼金については戻ってきません。というのも敷金は家賃の未払いや退去時の修繕に使用するための保証金ですので何事もなければ戻ってきます。礼金は部屋を貸してくれたお礼的な意味合いのある費用ですから行ったままとなります。

カギの交換費用もかかることが殆どです。前の住人が合いカギを持っていたりすると防犯上良くありませんから、初期費用として請求されることが多いです。

クリーニング費用もかかることがあり、内覧などによって汚れていたりもしますのでキレイにしてから引き渡しをするためですね。

他にも管理会社の独自サービスの費用も挙げられます。例えば困った時に24時間サポートを受けられるといったもので、女性の一人暮らしだったりすると安心かもしれません。

節約できるところは案外と多い

できれば初期費用は安い方が良いと考える人は多いかと思われますが、節約できる部分もあります。

まず礼金ですが相談次第で減額してくれたり無くしてもらえることがあるのです。その場だけで発生する費用ですので案外相談に応じてくれることもあります。金額としては家賃の1~3ヶ月程度に設定されていることが多いですから節約できれば嬉しいですよね。

カギの交換費用も節約ができる可能性があります。というのも大家さんの方で交換をするのが妥当という考えがありますので、もし交換費用を請求されたら相談をしてみるのも良いでしょう。

クリーニングや管理会社のサポートについても節約可能です。これらは別に強制というわけではありませんから、不要ならば除外してもらうことができます。

菊水の賃貸は物件が多いので、慎重に選ぶことがコツです。生活にゆとりを持てるような価格の賃貸物件なら、安心して暮らすことができますから満足度が高くなります。